デパ帳のキャンペーンについて

デパ帳のキャンペーンについて

デパ帳でお得なキャンペーン実施中!

貯まった写真データを見やすくて保存性もバッチリなフォトブックにしてくれる「デパ帳」というサービスですが、只今お得なキャンペーンを実施しています。

 

デパ帳で取り扱っている全サイズのフォトブックに対応の30%割り引きクーポンが貰えるというキャンペーンです。

 

このクーポンは複数商品購入時でもショッピングカート内に入れた全商品に対して割り引きが適用される仕様となっているので、かなりお得になるクーポンなのです。

 

例えばデパ帳でフォトブックを3冊頼んだ場合、この3冊分の合計金額から3割分値引きしてくれるということです。
大抵のクーポンは複数商品の内、割り引きされるのは1商品分だけですよね。

 

支払い手数料や送料などは値引き対象外ではあるものの、通常の料金よりはかなりお安くなるのは確かです。

 

 

ですので、このクーポンキャンペーンは沢山頼めばそれだけお得になるキャンペーンなのです。
貯まりまくった写真データの整理にピッタリのキャンペーンですね!

 

この他にも新規会員登録者限定のクーポンなど色々お得なキャンペーンもやっているみたいなので、興味のある方はぜひデパ帳の公式サイトをチェックしてみてくださいね!

 

言い忘れましたが、30%割り引きクーポンは期間限定のキャンペーンとなっていますので、ご確認は早めにすることをオススメします。

 

 

【デパ帳】の公式サイトはこちらからどうぞ!

 



 

 

 

 

 

 

 

デパ帳の口コミについて調べてみた

デパ帳で実際にフォトブックを作った方たちの評判や口コミなどを調べてみました。

 

口コミ1

 

ある記念日の写真をプロの方に撮ってもらいデータでもらっていたので、そのままデータに入れたままにするのはもったいなく思い、デパ帳でフォトブックにすることを思いついたのが利用したきっかけです。

 

A4サイズで光沢のある印刷紙、ハードカバータイプを選び、デパ帳の編集ソフトを使って2時間くらいで編集は完了。

 

届いたフォトブックは結構本格的な作りでなかなかの完成度でした!元の素材がプロが撮った写真だからというのもあるのでしょうが、とても満足しています。
印刷紙を写真が綺麗に見える光沢のあるタイプにしたのは正解でした!
こんな簡単にフォトブックが作成できるなら今度は旅行の写真もフォトブックにまとめてみたいなと思っています。

 

 

口コミ2

 

娘から孫のフォトブックをプレゼントされ、その出来映えがとても良かったので娘に聞いてみるとデパ帳で簡単に作れるとのことで私も撮りためた野鳥撮影のデータで挑戦してみました。
50代のおじさんなので正直出来るか不安でしたが、基本的には手順に従っていくだけでよかったので私でも何とか編集することができました。

 

完成したフォトブックは孫のフォトブックに負けないくらいの出来映えで大満足でした。デパ帳は自分で好きなように編集出来るので「次はああしてみよう」「ここはこうした方が良かった」など試行錯誤出来るのが楽しいですね。
次回はさらなる力作に取り組んでみたいですね。

 

 

 

口コミでもデパ帳のフォトブックの出来映えは大変評価されていますね!

 

「編集ソフトを使って自分で編集する」

 

と聞くとパソコンとか苦手な方はちょっと気後れしてしまうかもしれませんが、手順通りに進めていけば誰でも編集できるようになっているのもいいですよね。

 

デパ帳は特に画質が素晴らしいので、口コミでの評判にもあったようにプロの方に撮ってもらった写真とか、高品質なカメラで撮った写真などは特に見栄えがするので、そういう写真データを持っているならフォトブックにまとめてみるのは本当にオススメです。

 

 

デパ帳のレイフラットってどんなの?利用した人の感想は?

デパ帳ではレイフラットのフォトブックも作成可能です。

 

レイフラットとは見開き1ページを丸々1枚の写真として製本できるサービスでして、特にパノラマの風景写真などや大画面の迫力が欲しい写真などに最適のサービスです。

 

見開き1ページを1枚の写真で使うため、フォトブックに収められる写真の枚数は減ってしまいますが、その分1枚1枚の写真を迫力のある大画面の配置が可能となります。

 

高画質がウリのデパ帳フォトブックの魅力を最大に活かせるサービスといえますね。

 

 

デパ帳ではレイフラット専用の編集ソフトが用意されているので、手順に従って進めていけば簡単にレイフラットのフォトブックが作成できます。また自分で編集できるハードカバーの他に、レザーペーパーやフェイクレザーを使用した表紙仕様も、色数豊富に用意されているので、自由度の高い編集がかのうです。

 

デパ帳のレイフラットを体験した方の感想が公式サイトに載っていたのですが、なかなか好評のようでした。主な感想をまとめると

 

・安価で作成できる
・内紙に厚みがあって良い
・ハードの光沢カバーにしたら本屋に並ぶ写真集のような出来栄えで満足
・レザーペーパーを選択しましたが、高級感がありとても良い感じ。
・レザーペーパーは耐久性に優れていてまるで業務用大型ファイルに保管しておくような安心感がある
・フェイクレザーはそれほどレザーっぽくないが高級感が出て記念用にピッタリだと思った

 

 

などのような意見がありました。

 

さらに、レイフラットのみで選択可能なシルキー紙(微光沢)で作成した方は

 

・実際の写真よりもコントラストがはっきりしてよりキレイに!
・綺麗で質感もよく満足です。通常のフォトブックでも使えればいいのに
・シルキー紙は少しざらつくので、好みが分かれると思う。ただ指紋もつきにくく、発色もよくなるのでメリットもある

 

 

などの感想を述べていました。

 

デパ帳のレイフラットは特別な記念イベント用や山岳などの風景や満天の星空や夜景などの特別な写真、とっておきの写真を収めておくのにピッタリのサービスだと思います。

 

何か特別な写真があるならばレイフラットのフォトブックに挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

【デパ帳】の公式サイトはこちらからどうぞ!

 



 

 

 

デパ帳のフォトブックの特徴について

そういえばデパ帳のフォトブックの特徴についてあまり説明していませんでしたねw

 

ということでデパ帳の特徴についてまとめてみました。

 

特徴1 プロも認める高画質7色印刷

 

デパ帳ではフォトブックの印刷をする際、基本色の4色に加えてもう3色追加して合計7色のインクを使用して印刷します。

 

7色のインクを使うことにより、ハイライト部分の階調表現が滑らかに表現でき、グレーインクがカラーバランスのずれを減らし安定した色再現性を実現してくれます。

 

また印刷機にも特徴があります。
デパ帳ではCanon製最新型フォトプリンター「Dream Labo 5000」を採用しており、再現色域の拡張による最高品質のフォトブックが作成可能です。

 

この印刷機はインクをものすごく細かい精度で一滴一滴を正確に塗布することが可能なので、従来のものよりその色表現力が段違いとなっているのです。

 

例えるなら、素人がベタベタと塗った絵画と、一流の画家が細かい所まで丁寧に塗り分けて表現豊かに仕上げた絵画とでは全然、色彩の表現力が違いますよね。

 

それくらい高画質な写真を印刷可能なのです。
この高画質さがデパ帳の特徴の一つです。

 

 

特徴2 モアレがない

 

モアレとは規則正しく配置されたパターンの中に本来あるはずのない歪みが発生して見える事象のことで、写真印刷でこれが発生してしまうと被写体も歪んでしまいます。

 

高画質印刷では特に発生しやすいとされていますが、デパ帳では最適なスクリーニングを行うなどモアレが発生しないよう細かな設定をしてくれています。

 

 

特徴3 しっかりとした製本と保存性

 

デパ帳のフォトブック製本は、ヨーロッパで認められたドイツの製本技術ハイデルベルクのユーロバインディングを採用して製本していおり、劣化しにくいPUR(Poly Urehane Reactive)という特殊な糊を使用しています。
この製本技術により無線製本と比べ、本の開きやすさや耐熱性・耐寒性が段違いとなっています。

 

さらに純正用紙とインクの掛け合わせで長期暗所保存を可能としており、理論上では300年は保存可能とされています。また、フォトブックは表紙コーティングも別途行い、傷や耐水性をより高めています。

 

ただし、耐水性はあっても完全防水ではないので極力濡らさないようにした方がよいでしょう。

 

 

以上、デパ帳の特徴まとめでした。

 

高画質でいつまでも保存できるようなしっかりとしたフォトブックを作りたいならデパ帳はうってつけです!

 

ぜひデパ帳の公式サイトもチェックしてみてくださいね。

 

 

【デパ帳】の公式サイトはこちらからどうぞ!

 

 

 

クーポン情報について

デパ帳のクーポン情報についてまとめてみました。

 

デパ帳では色々なことでクーポンが貰えたりします。

 

例えば

 

・新規会員向け全商品20%オフクーポン
・フォトブックスクエアM/L限定お試しクーポン
・公式サイトのギャラリーでフォトブックを公開した方限定の50%オフクーポン
・フォトブック全サイズ対象30%オフクーポン

 

などです。

 

それぞれのクーポンには使用条件は配布条件があるので、どれもこれも全部のクーポンを活用するのは難しいですけれど、自分の条件にあったクーポンを選んで利用すれば、お得にフォトブックを作成できるので、積極的に活用したいですね。

 

特に、初めてデパ帳を利用する方向けのクーポンが多いのでお試し用として利用するのもアリだと思います。

 

また、クーポンによっては複数冊のフォトブックに対応しているものもあるので、そういうクーポンはある程度まとまった冊数のフォトブック作成のために温存しておくのも賢い利用方法です。

 

この場合、クーポンには有効期限がある場合もあるので期限切れには気をつけてくださいね。

 

 

このようにデパ帳では色々なクーポンを配布しています。
配布と言ってもクーポン番号を公式サイトで確認するだけなので、ネット上で全て完結しますのでとてもお手軽です。

 

どんなクーポンがあるのか興味がある方はぜひデパ帳の公式サイトをチェックしてみて下さい。

 

 

【デパ帳】の公式サイトはこちらからどうぞ!

 

 

 

ぼかし加工はできる?

残念ながらデパ帳の編集ソフトではぼかし加工は出来ません。

 

ぼかしだけでなくデパ帳の編集ソフトでは元画像を大きく変更するような加工は出来ないので、ぼかしを入れたいなら別の画像編集ソフトで加工してからデパ帳の編集ソフトに読み込ませる必要があります。

 

ただぼかしを入れるだけなら本格的な編集ソフトなどは必要なく、フリーのソフトで十分です。アプリなどでも画像編集アプリなどが無料、もしくは低価格でてにはいりますので、スマホなどでも加工可能です。

 

デパ帳で出来る写真加工は写真をセピア風やモノクロ調にしたり、明るさやコントラストなどを変更出来る程度です。
デパ帳の編集ソフト出するのはこういう加工が主ではなく、背景や飾り枠を足したり、スタンプやテキストを入れたりなどの元画像に何かを足す編集が主となります。

 

元々フォトブック作成のためのレイアウトなどを決めるためのソフトなので、画像加工まで求めるのは酷なのかもしれませんね。ソフト自体は無料でダウンロード出来ますし。

 

本格的な加工をしたいなら前述したフリーのソフトやアプリを利用しましょう。

 

 

ところで、ぼかしの手法の一つに、背景をぼかしてメインの被写体を浮かび上がるような効果を狙ったものがありますね。
ぼかしを入れたい人は大体これが目的であることが多いみたいです。

 

ぼかしは編集ソフトで加工する方法のほかに、カメラでぼかす方法もあります。

 

一眼レフか、ミラーレス一眼のカメラを使用してF値を出来るだけ小さくできる明るいレンズを選択し、カメラを絞り優先モードにしてF値を一番小さくして撮影するとまわりをぼかして被写体のみを浮かび上がらせる綺麗な写真を撮影することが出来ます。

 

プロのカメラマンも使う手法で難しいかもしれませんが、編集ソフトでは出せない綺麗なぼかし表現が可能です。
撮影テクニックが上達してきたらぜひ挑戦してみてはどうでしょうか?